イオンデジポットとウォータースポットの違い

ガラスコーティングとイオンデジポット

 

イオンデジポット

イオンデジポットとは水に含まれるミネラル分が固まった状態のことです。
水道水や雨にもミネラル分は含まれているため、青空駐車するなら見逃すことはできません。
白い輪のようなシミが付いていたら、それはイオンデジポットです。

 

一度発生していると、すぐに除去しないと塗装面までダメージが及びます。
よく中古車で白い輪のシミができているものを見かけますが、そこまで酷くなると再塗装が必要かもしれません。
指で触れてもわかるように、凹凸ができてしまうのです。

 

ウォータースポット

ウォータースポットも水による塗装の影響のことです。
水滴がレンズのようになってしまい、太陽の光の影響を受けてクレーター状になります。
つまり塗装が焼けたようになり、へこみができることです。
イオンデジポットとウォータースポットは見た目が似ているため、素人では判断が難しいかもしれません。

 

もしガラスコーティングを施しているなら、イオンデジポットの可能性があります。
性質の問題から、水に含まれるミネラル分に弱いためです。

 

ガラスコーティングを施してイオンデジポットができたら

ガラスコーティングとイオンデジポット

 

すぐに専用のクリーナーで落とす

イオンデジポットはミネラルが固まっただけのため、すぐに落とせば塗装に影響を与えません。
ガラスコーティングを施していてイオンデジポットを見かけたら、すぐに除去していきましょう。
専用のクリーナーが売られていますから、ガラスコーティングをしたらセットで購入しておくと便利です。

 

時間が経ったらポリッシャーで処理が必要

イオンデジポットの影響で塗装までへこみが出ている場合は、ポリッシャーで磨き上げる必要があります。
コンパウンドを使ってポリッシャーで塗装面を滑らかにするのです。
当然研磨する方法ですから、何度もできることではありません。

 

イオンデジポットを作らないのが一番

ガラスコーティングとイオンデジポット

 

ミネラルが少ない水を使う

かなり贅沢は話しではありますが、ミネラル分が少ない水で洗車することで、イオンデジポットを防ぐことは可能です。
日本の多くは軟水ですから、影響は少ないといえるでしょう。
地域によって硬度が高い水の場合は、軟水を使ってください。

 

炎天下の洗車を避ける

炎天下での洗車は、水道に含まれるミネラルが固まりやすくなります。
洗車をするなら午前中や夕方など、気温が低い時間帯にしましょう。
ボディを綺麗にする洗車が、逆にイオンデジポットを作る原因となっているかもしれないのです。

 

洗車をしたら必ず拭き取ること

ときどき洗車をした後に拭き取らず、そのまま自然乾燥させている人の姿をみかけます。
水道水にはミネラル分が含まれていますから、必ず拭き取りましょう。
急いでいるときに洗車だけ済ませて、自然乾燥させる方法は避けるのが無難です。