ピカピカレインの販売店とは?

ピカピカレイン販売店

 

↓3年間ノーワックス!洗車いらずのカーケア用品はこちら↓

 

働き盛りの男性にとって、1ヶ月に何度も頻繁に定期的な洗車やワックスは日常でやろうと思ってもできませんよね?
だったら耐久性が高く光沢が持続する「耐久性3年間ノーワックス」ともいわれる施工方法が簡単なピカピカレインに注目してみましょう。

 

そこで気になるのが「ピカピカレインの販売店はどこ?」ということです。
結論からいうとピカピカレインの販売店は公式サイトのみの取り扱いとなっています。
ピカピカレインの販売店は量販店など店頭販売はされおらず、通販専門の商品なのです。

 

楽天やAmazonも公式サイトのみ

販売店はピカピカレイン楽天市場の公式サイト、ピカピカレインAmazonの公式サイト、またはピカピカレイン通常の公式サイトからの取扱いで専門店からの購入しかないのです。
ピカピカレイン最安値の販売店を探している方にとっては、少し残念だったかもしれません。
販売店によって低価格や価格が安いピカピカレインはないため、公式サイトの販売店から注文し買うようにしてください。
ピカピカレイン販売店サイトから買い物をするとメールで購入詳細が届きます。

 

オートバックスなどのカー用品店や販売店ではピカピカレインを店舗販売せず取り扱っていません。
ピカピカレインは自社で開発と専門販売をおこなうことで、販売店を限定し低価格を実現しているそうです♪
販売店からの包装は簡素なものではなくメーカー保証書もしっかりついていますから、ピカピカレインは安心して使うことができます。

 

以前はラジオ販売をしていた

実は私も初代ピカピカレイン剤を持っているのですが、その当時は販売店での入手ではなく、ラジオで宣伝していたことを印象に覚えています。
ラジオは車で聞くことが多く、「車を乗っている人が買ってくれるだろう」ということから販売店以外のラジオでピカピカレインの広告を出していたようです。
私もピカピカレインの価格が高いことから、しばらく検討しました。
しかしピカピカレイン販売店への注文が殺到しているという声もあったようで、販売店以外の店舗では買うことができないため購入にいたりました。

 

ピカピカレインの販売店

 


ピカピカレインは半年しか持たないという口コミや評判は本当?

ピカピカレインを販売店で買った人の口コミを調べてみると、1度メンテナンスしても半年しか光具合のガラス効果が持続しないという驚きの声があります。
販売店から1万円近くする溶剤の費用をコーティングにかけているのに、正直半年の経年しか持たないと残念ですよね。

 

半分本当で、半分嘘です。

 

確かに販売店で売られている初代ピカピカレインは、施工しても半年もたたず水玉やツヤ感、黒光りの効果が落ちてしまっていました。
当初短期間で効果が落ちるのは、販売店で売られているポリマー系のガラスコーティングだったからです。
ピカピカレインには種類があって、販売店にあるスプレー式のピカピカレイン2も改良は加えられていますが、同タイプでポリマー系のため注意しましょう。

 

ピカピカレイン販売店

 

3年間ノーワックスで済む商品を解説すると、販売店にある瓶入りのピカピカレインプレミアムのほうです。
ピカピカレインは他の公的な機関で調べてもらったところ、3年間の耐久性が実証され専門機関で証明されています。
本来、ピカピカレインのガラス皮膜は専門機関の確認で10年間持続するのですが、3年後になるとイオンデジポットが付着するため3年間としています。

 

つまり新しく商品開発されたピカピカレインプレミアムなら品質が向上した画期的な商品で、3年ごとに施工すると効果が持続します。
ピカピカレインは定期的にケアする必要はありますが、一般的なワックスと比べると素人でも手間は少ないのが利点で満足度が高いです。
ピカピカレインの効果は艶(ツヤ)、滑り落ちる水滴、輝き、綺麗な見た目、クルマピカピカ感など贅沢な雰囲気を実感できることでしょう。
一度施工すれば、劣化やひび割れのリスクも3年間は持続します。
ピカピカレインはシャンプーによる洗車が3年間必要なければ、環境にも優しくなっています。

 

下地処理が重要

ピカピカレインプレミアムでも光沢を持続させるチェックポイントは、ボディに付着した鉄粉などを除去するため、カンタンな下地処理が重要です。
自分でコンパウンドで研磨をするのが面倒な場合は、ピカピカレインを販売店から買う前に板金屋さんなどプロの業者磨いてもらうのもよいでしょう。
業者に依頼する場合は費用がかかるのが欠点で一長一短ですが、依頼すれば手間はかかりませんし、技術力が高く一安心です。
ディーラーで中古車を購入した場合もやってもらえるため、ピカピカレインを販売店で入手する前にお願いしてみてください。
経過を得ず磨かないでその上からピカピカレインを乗せると、ボディに油膜や鉄粉が残っている可能性があるため傷がつきおススメできません。

 

3年間洗車が不要という意味ではない

あとピカピカレインでガラスコーティングしても手入れがいり洗車は必要で、しないとダメです。
何もしないよりは手間は少なくなります。
何もしないで車に乗っていると鉄粉が付着して、ガラスコーティングの膜に傷が入り、取れにくくなってしまいます。

 

ピカピカレインのガラスコートは滑水性の質となっているため、水洗いだけで黄砂や砂ぼこりも簡単に落とせます。
汚れは擦り落とすと傷となってしまうため、ホースを使って洗い流すのがコツです。
ピカピカ連はどのくらい汚れ落ちがよいのか、動画を見てみましょう!

 

アルティメットピカピカレインの特徴とは?

ピカピカレイン販売店

 

ピカピカレインは常温のガラスコーティングを採用し進化しているため、通常の製造や開発による販売店で市販されているワックスやコーティングとは根本的に化合物の素材が違うものです。

 

ガラスコーティングは無機質のガラス皮膜を塗り上げる方法のため、濡れたような艶が実現します。
ピカピカレイン塗布後は完全にガラス皮膜となり、ガラスは石英ガラスに相当する強度を持ちます。

 

実は、ピカピカレインは販売店の楽天で2014年楽天年間ランキング、車用品・バイク用品部門で1位になった実績があります。
数あるガラスコーティング剤のなかでも、ピカピカレインはナンバー1です。
ナンバー1になる実績と高い顧客満足度を続けている正真正銘のガラスコーティング剤は、ピカピカレイン以外にありません。

 

ピカピカレイン販売店

 

他機関で効果を証明済み

ピカピカレインプレミアムは、大阪市立工業研究所の試験結果で3年間光沢・水弾きがキープされることが証明されました。
通常のワックスではワックスの間に汚れが入り込みますが、ピカピカレインは硬いガラスコーティングにより汚れが入り込みません。
ピカピカレインで保護が形成されれば、水が滑り落ちるようになります。

 

ピカピカレイン販売店

 

海外での特許も取得している

さらにピカピカレインは、日本の販売店だけでなく世界各国の信頼の証でもある、米国の特許も取得しています。
世界の販売店では絶対に不可能だといわれていたガラスコーティング剤で、ピカピカレインは他には類を見ない唯一の商品です。
ピカピカレインは販売店で特許取得まで8年間の期間をかけています。

 

現在は特許取得の技術をさらに進化させ、SGT製法を開発しています。
販売店にある他社商品はガラスコーティングと表示されているものの、ポリマー系の製品です。
本物のガラスコーティング剤だといえるのは、販売店にあるピカピカレインだけだといえるでしょう。

 

ピカピカレインは販売店から買った客からの良い口コミの反映もあるようで、圧倒的な人気ぶりで、満足度が高い実力派へと成長しています。
基本的に初心者でもピカピカレインは気軽にきれいになり、手軽でキレイな見た目が魅力で見た目がアップする商品です。
ピカピカレインの爆発的な人気は、販売店にある質問からも読み取ることができます。


ピカピカレインの価格

ピカピカレインプレミアムは販売店で9,850円です。
ショップにガラスコーティングを依頼すると数万円はかかるでしょう。
より施工を簡単にしたい方は、販売店にあるピカピカレイン2の7,980円の商品がおススメです。

 

販売店にあるピカピカレインがガラスコーティング剤なのに対し、ピカピカレイン2は新型ガラスポリマーコーティングです。
ピカピカレインの光沢膜は半年ほどで落ちてしまうため、半年に1回のケアが必要となります。

 

ピカピカレインに返品保証はありません。
しかし、販売店からピカピカレイン商品到着後、販売店への返品や交換は7日以内なら利用が可能です。
ピカピカレインが不良品である場合は、販売店であるピカピカレインが送料持ちで交換してくれます。
一度使用したピカピカレイン商品を販売店に返品することはできません。

ピカピカレインの口コミ

ピカピカレインは今まで使用したコーティング剤で、一番の効果があります。
施工も難しくなく、助かっています。

 

3年落ちのホンダジェイドにピカピカレインを施工しました。液の伸びがよく、思っていたより塗り易かったです。施工した日より次の日のほうが輝いており感動するものがありました。また、施工3日目で雨に遭いましたが、水弾きが良くバンパーにこびり付いた虫も流れ落ちました。半分位残ったので2週間後に2度塗りをしようと思います。

 

ピカピカレイン本品は素人の私でも非常に施工しやすく撥水性も抜群で下手なコーティングを高値で施工するより自分で施工した方がかなりお得でお値段以上の価値があります。

 

ピカピカレインをオデッセイに施工したのですが、薄く塗り過ぎたのか半分程度残りました。
凄く小さい小瓶なので、最初は不安になりますが、バンタイプの大きめの車でも量は十分だと思います。
あとは寿命がどれだけ持つか、楽しみですね。

ピカピカレイン公式サイトより

 

ピカピカレイン販売店

 

ピカピカレイン販売店の公式サイトには平成4年式のジムニーに使った事例が掲載されています。
年季が入っている車のため、シャンプーのようなアイテムを使って洗車をしてもイオンデジポットは落とせません。

 

ピカピカレイン販売店

 

登場したのが、ピカピカレイン液体コンパウンドを使っての裏技の磨き上げです。
ピカピカレインの仕上がりをよくしたい方は、全部のボディを別途コンパウンドで磨き上げてください。
手で磨き上げるのは大変なため、ポリッシュやポリッシャーの機械を購入しておくと便利です。
細かい部分は手作業でスポンジに少量のコンパウンドを付けて、充分丁寧に磨き上げることをおススメします。
ピカピカレインは下地仕上げの労力を惜しまずやるのがコツです。

 

ピカピカレインを塗る前に、樹脂やガラス面にマスキングをしておきましょう。
マスキングは多少苦労がありますが、ここはぐっと我慢して仕上がりを優先させてください。

 

ピカピカレイン販売店

 

するとこの輝き!
中古車を購入してピカピカレインを均一に施工したい方や、長くワックスをかけておらず青空駐車した車は、丁寧にコンパウンドを使用した下地の磨き上げ工程や研磨がおススメです。
磨き上げないと鉄粉や脱脂ができないため、仕上がりはきれいになりません。
ピカピカレインの塗布はスポンジでの伸びが良く、DIYでも十分対応できます。
施工自体は半日もあればできて、硬化は一瞬というわけではなく多少大変ですが簡単です。
ピカピカレインは慣れていない方でも一日あればできるため、気軽でしょう。

 

販売店のレビューでも評価が高いのがピカピカレインで、悪評価は聞いたことがありません。
雑誌やメディアでも楽チンなガラスコートとして話題の商品となっています。

ピカピカレインと他製品の違いとは?

ガラスコーティングといえばコートに10万円くらいするもので、ショップで施工をやってもらうイメージがあります。
苦手な人向けに家庭でもやれるように化学反応させるよう開発し、安価にして大幅にコストをカットしたのが販売店にあるピカピカレインです。
値段の高さに問題があると感じていた方にとって、ピカピカレインはお買い得だと感じるでしょう。
業者だとピンキリですが、一般的に割高で高額な金額が特徴です。
ピカピカレインなら複数でも単品で購入してもオトクで、費用対効果が高く税込み価格も高くありません。

 

では、ショップのガラスコーティングと一般に市販されている販売店のピカピカレインの違いの理由は何なのでしょうか?

 

ショップのガラスコーティング

液剤自体が常温で強固なガラスの被膜になり、一度施工するとコンパウンドで削らない限り落とすことはできません。
つまりショップのガラスコーティングの方法では、半永久的に塗装の上に乗り持つということです。

 

ピカピカレインの成分

一方で確認したいのが販売店のピカピカレインは液剤で、ガラス系コーティング剤といわれるものです。
液剤自体はボトルでコーティングしないつくりで、塗り広げるとガラス繊維がボディのクリアー層の上に付着します。
ボディに膜を形成しながらも、液体が直接硬化しない性質があるからこそ、ボトルに入れることを可能にできるのです。

 

本物のガラスコーティングは容器に入れると、中に空気が入り込んだ段階で硬化してしまいます。
空気に触れると硬化するような材料を使っていると販売店で市販化することは難しく、ピカピカレインのように2回分以降を保存することはできません。

 

つまり家庭向けにシリコンのように使いやすくして、ボトル内で硬化しないよう開発され本物の技術といえるのが販売店にあるピカピカレインなのです。

 

ピカピカレインプレミアムのメンテナンス

塗った後は12時間完全に乾かすことがコツ

ピカピカレインの手間といえるのは、塗った後に完全に乾燥させる工程の必要があり雨天はできないことです。
途中で手で触れてしまえば台無しとなってしまうため、12時間以上は保護できて車を乗らない休日に施工しましょう。
完全に硬化し硬度が高まったことを確認するまでは、雨にも濡らさないようにしてください。
乾燥に多めの作業時間が必要なことは、取り扱い説明書にも記載されています。

 

ケア前に脱脂の下地処理をすること

天順はピカピカレインを塗る前に、ボディに付着した油分を取る必要があります。
脱脂専用のクリーナーを使ってタオルで除去していきましょう。
除去してから素早くピカピカレインのコーティングを塗布させ、完全に乾燥させる工程や作業が必要です。
油膜が残ったままだと、ガラス皮膜が上手く伸びず乗らないため効果が半減してしまう可能性があります。
簡単に塗る方法もありますが、おススメできません。

 

機械洗車は避けてください

ピカピカレインでお手入れしたら、洗車はホースで水をかける程度にします。
機械洗車では細かい傷が付着する恐れがあるため避けましょう。

 

塗装の色によって使い分けしなくていい

愛車のカラーによって使い分ける必要がなく、新車から中古車まで対応できます。
ボンネットやボディー、屋根、ドアどこでも施工が可能です。

 

ピカピカレインの販売店

 

 

ピカピカレインの施工を失敗したら?

ピカピカレインの販売店

 

DIYでもできるガラスコーティングは、失敗が怖い問題があるのが率直な感想で悩みでしょう。
販売店にあるピカピカレインも施工方法を確認しておかないと、失敗する恐れがあります。

 

失敗したときの対処方法

販売店にあるピカピカレインの硬化時間は12時間と長いため、素人が拭きあげても失敗が少なくなっています。
しかし、この12時間で硬化の特徴があるために、失敗する可能性もあります。
販売店にあるピカピカレインは拭きムラは発生しないのですが、完全に硬化するまでに濡れると失敗してしまうため水気は厳禁です。必ず販売店から購入し成功する前に天気予報を確認し、外的な問題や要因を解消する工夫をして、改善できるようにしてください。
確認しないと台無しになってしまう可能性があります。

 

もし雨、散水、夜露や朝露などの影響でボディが濡れると失敗しますから、早急に対処しましょう。
さらに猫のオシッコ、鳥の糞などでも失敗の原因となるため、完全に硬化するまでボディを屋内などで保管し雨だれから守る必要があるでしょう。
販売店にあるピカピカレインの失敗は施工ではなく、部分的な外的要因の影響がほとんどです。

 

完全に硬化する前に外的要因でムラになると、硬い皮膜は強力になり簡単に研磨できず、落とすことが難しく処理できなくなります。
塗った直後で、小さな傷でしたら自己責任でピカピカレインを上塗りすれば処理が可能で一番簡単な対処法です。
凹凸部分に液剤が入り込み、傷を目立たなくできます。
ただ、注意したいのが凹凸が大きなムラになったときは、その部分だけもう一度研磨して、ピカピカレインの再施工をして修復する必要があります。
最後にマイクロファイバーのクロスで、しっかり気合で徹底して磨き上げてください。

 

対処法はそのようなリスクがなく最初から修復が不要なように、12時間は水に濡らさないよう車庫やガレージ、カーポートなどに納車してください。
完全に雨水をシャットアウトできるところがよく、強風や直射日光の施工や青空駐車や駐車場の管理はNGです。
青空駐車で水の付着が予測でき12時間硬化させることが難しいなら、販売店にあるポリマー系のピカピカレイン2を選ぶのが解決です。
ピカピカレイン2ならシリコンの高分子でケアできます。

 

ピカピカレインプレミアムは、12時間は水気が厳禁であることは覚えておきましょう。
もちろん施工直後に指で触れたり汚れが付いたりするのも禁止ですから、不完全にならないよう連休の施工をおすすめします。
強風や直射日光、雨だれ、水滴などもNGです。
その後すぐに走行してしまうのも、ブレーキ紛が付く可能性があるため止めてください。
また、ウォータースポットの原因にもなってしまいます。

 

液剤はゴムに付かないように

ピカピカレインは硬化すると非常に取れにくく対処が難しくなりますから、やり直しの必要がないよう樹脂やゴムの部分につかないようにガードしてください。
フロントガラスやフールの部分も覆い対処しましょう。
マスキングを怠ると失敗の原因となるため大事です。
ゴムにガラス成分が付着し放置するとクラックが発生し、見た目が悪くなります。

 

ガラス系コーティングとの違い

ピカピカレインの販売店

 

販売店のピカピカプレミアムはガラスコーティングですが、販売店のピカピカレイン2はケイ素のガラス系コーティングのため注意しましょう。

 

ガラスコーティング

ガラスコーティングの商品には、二酸化ケイ素という成分が含まれます。
二酸化ケイ素はガラスの主成分のことです。
ガラスコーティングに二酸化ケイ素を含めることで、ボディのクリアー層と化学反応させます。
つまりガラスそのものの被膜ができ上るということです。

 

ガラス系コーティング

市販されている「ガラスコーティング」のほとんどは、ガラス系コーティングです。
ホームセンターやイエローハット、オートバックスなど一般の販売店に売っている安い商品は、ほとんどがガラス系コーティングとなっています。

 

ポリマーコーティングにシリコーンを混ぜ合わせています。
二酸化ケイ素は含まず、ケイ素を入れることで被膜を作るタイプです。
「二酸化ケイ素」「ケイ素」は名前が似ていますが、別物なので注意しましょう。
さらに輝きを加えるためガラス繊維を添加し、ガラスコートのような仕上がりとなるのがポリマーコートです。

 

ただ、ガラス系コーティングは硬化させてはおらず、効果はすぐに落ちてしまうと思っておいてください。
ピカピカレインの販売店公式ホームページにも書かれていますが、本物のガラスコーティングは「ピカピカレインプレミアム」のほうなので間違えないように。
他社と比較しても、一般の販売店にある市販の商品で本物のガラスコーティングは少なく希少です。

 

 

ピカピカレインシリーズの種類と比較

ピカピカレインの販売店

 

ピカピカレインはたくさんの商品が販売店にあって、どれを選ぶといいのか迷っていませんか?
以前は販売店に1種類だけだったのですが、現在は販売店に多くのラインナップがあります。
販売店にある4種類のピカピカレインを紹介しますので安心してください。

 

ピカピカレインプレミアム 滑水性

販売店で取り扱う本物のガラスコーティング剤で、水が滑るように落ちるタイプです。
ボディに雨水がたまるのを防ぎ、水垢防止効果があります。
会社の駐車場が屋外の場合にも評判が高くおススメです。
価格:9,850円

 

ピカピカレインは1瓶で自家用車に塗る場合、中型車の車体の表面で液剤を半分くらい使います。
1ボトルで1回となる容量はセダン以上のミニバンなど大型車の場合です。
軽自動車のクルマなら少ない量でも、ある程度の量が余ります。
家庭で2台車を取得しているなら、1つの製品で対応できることになります。
トラックのような大型のものは上部に塗る程度で、1ビンで足らずとなるかもしれません。

 

スーパーピカピカレイン 親水性

販売店にあるピカピカレインの中でも人気があるロングセラー商品です。
本物のガラスコーティング製品で、すっと水が引き水垢が付きにくくおすすめします。
価格:8,780円

 

ハイパーピカピカレイン 撥水性

販売店が取り扱う本物のガラスコーティング剤で、玉状の水滴となります。
走行すると流れるような水弾きに爽快感があり、日本人にも好まれるタイプです。
価格:8,780円

 

ピカピカレイン2 親水性

販売店にあるガラス系ポリマーのため、施工を簡単にしたい方におススメです。
元祖のピカピカレインともいえる商品で、繰り返し施工することで艶を維持できます。
簡単に成功する裏技として選んでもいいかもしれません。
販売店にあるタイプの中でも、スプレータイプのため残ったら繰り返し使えるのも便利な商品です。
価格:7,980円